今を乗り切る、次を準備する。

YES(文化芸術創造都市横浜・臨時相談センター)は、文化芸術活動の担い手のための“対話型”オンライン相談窓口です。アーティストやクリエイター、文化拠点の運営者、舞台技術者やイベント運営の制作者、学校の文化系部活動や音大、美大で創作を行う学生などを対象に、文化芸術活動の継続と再開に向けたアドバイスを行います。
アーツコミッション・ヨコハマ(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)が運営し、文化芸術活動の実務経験者や国家資格を有する税理士や弁護士、社労士、行政書士等が相談員としてお話を伺います。現状の悩みを分かち、次に向けて背中を押す伴走者として、ともに課題に向き合います。お気軽にご相談ください。

お知らせ

  • 2020年8月27日リニューアルしました

これまでの相談例対話型だからできる相談

今を乗り切る給付金等の申請相談だけでなく、次の活動につながる準備に関して、対話型ならではの一歩踏み込んだ相談を承ります。
※これまでの相談例は過去の相談であるため、既に受付終了している給付助成制度が掲載されていることがあります。ご了承ください。

イメージ画像: これまでの相談例
  • Q. 01昨年病気をしており収入が少ないため、持続化給付金が少ししか受けられない見通しで、貯金も残り少ない状況です。
  • Q. 02自宅で開催していた教室を自粛で休止していました。持続化給付金は申請済みですが、他に受けられる支援はありますか?
  • Q. 03ダンスレッスンを継続するため動画でオンラインに移行したいのですが、音楽の著作権処理はどうしたらいいのでしょう?
  • Q. 04アーティスト・イン・レジデンスに行く予定が、延期になってしまった。何かできることはあるでしょうか?
  • Q. 05リモートワークの導入を進めていますが、国と県のどちらの補助金に応募すればいいのでしょうか?
  • Q. 06海外での仕事が多く、年の半分以上は海外にいた。今年は動けない状態で、拠点と住所は横浜あるが、支援は受けられますか?
もっとみる
読み込み中

全件表示しました

読み込むページはありません

相談員の紹介経験豊富な相談員がサポート

内容に応じて、文化芸術分野の実態に理解のある税理士や社会保険労務士、弁護士等、国家資格をもつ専門相談員が対応します。

イメージ画像: これまでの相談例
相談員:作田 知樹

作田 知樹

行政書士
行政書士作田事務所Arts&Considerations

活動再開に向けて考えることが沢山ありすぎて何を相談していいかわからない……」そんな状態でもまずはご連絡を。課題の整理をお手伝いしつつ、支援の仕組みを一緒にチェックします。難しい時ですが、乗り越えていきましょう。

相談員:大杉 泉

大杉 泉

公認会計士
大杉公認会計士事務所

公認会計士です。ベンチャー企業などの支援を得意としています。少しでも皆様のご不安やご心配が和らぐようなご助言が出来ればと思いますので、些細なことでもどうぞご相談ください。

相談員:灰塚 純子

灰塚 純子

税理士
灰塚じゅんこ税理士事務所

家で過ごす時間が多くなった今、音楽・絵・映画などの沢山の芸術に彩られて、困難な状況下にあっても、心豊かに、朗らかに過ごすことができています。芸術の力をじわじわ噛みしめています。
一方で、またライブで音楽が聞きたい!観劇に行きたい!デジタルでは味わえないあの感動をまた味わいたい!という気持ちもずっと持ち続けています。芸術が絶えることなく続くことを、微力ながらサポートできれば嬉しいです。

相談員:荒井 ゆき

荒井 ゆき

中小企業診断士
医療経営士
株式会社メディリリーフ

私は学生時代にジャズ研究会に所属し演奏活動を経験しました。文化芸術は人々の心豊かな暮らし支える重要な社会基盤です。新型の感染症により活動や事業のあり方について見直しを迫られる皆様のため少しでもお力になれたらと思っております。一人で悩まないことが何より大切です。本プロジェクトには多方面の専門家が揃っています。ぜひお気軽にお申し込みください。

相談員:安永 麻実子

安永 麻実子

中小企業診断士
経営学修士
Mino's Business Consulting

文化芸術活動で収益を得たり、活動を継続させるために、様々なアイディアや支援策を組み合わせて、解決策を一緒に考えていきましょう。今まで通りのやり方が通用しないときほど、一度落ち着いて現状分析や計画づくりなどを行い、長期的な視野での事業の検討に取り組む良いチャンスです。芸術活動を継続するために尽力されている皆様の力になれたらと思っております。

尾谷 恒治

弁護士
早稲田リーガルコモンズ法律事務所

弁護士になって12年以上が経ちました。今までの知識・経験を生かして、コロナウイルス感染症拡大による影響でお困りの方々のお力になりたいと思っています。

もっとみる
読み込み中

全件表示しました

読み込むページはありません

オンライン講座活動を継続するためのヒント

文化芸術の担い手たちを対象に、文化芸術活動の継続と再開に向けたヒントが詰まったオンライン講座を、複数の切り口で提供します。

イメージ画像: オンライン講座

Yokohama Emergency Support for the Arts文化芸術創造都市横浜・臨時相談センター(略:YES)では、新型コロナウイルス感染症が拡大するなかで、文化芸術活動の今を支え、次を準備するために設立された相談窓口です。普段は、オンラインで税理士や、弁護士、アーツマネジネントといった専門家の方に助成の申し込みや、活動における相談などの話を一対一で相談者の要望に沿って、お話を伺いアドバイスをする窓口として運営されています。

今回、その一環として複数の方が参加できる講座を実施いたします。内容は、横浜や全国で文化芸術活動関する支援団体やそのサービスを知る講座や、確定申告の時期にあわせて開催する税務講座、現在コロナウイルス禍のなかで各種支援を使って継続して活動を行っている方の話を聞くなど、実践的な内容で実施します。この講座を入り口にYES臨時相談センターのことを知り、今後の文化芸術活動の継続を皆様と一緒に進めていけますと幸いです。無料となっておりますので、是非この機会をご活用ください。皆様のご参加お待ちしています。

スケジュール

2021年2月14日(日)19:00~20:30

【終了】YES講座 2月14日開催分「等身大で語るアーティストのいま~実演家の場合~」

本講座は、新型コロナウイルス感染症拡大の時期における文化芸術活動のグッドプラクティスとは何か?を考えるものです。主に横浜を拠点に活動するアーティストをゲストとしてお迎えし、昨年3月の緊急事態宣言が出されてから現在まで、どのように過ごされてきたかを伺います。それぞれが、現場で実践されたことを発表、それをもとに参加者と対話し思考を深めていくアーティスト向け講座となります。この講座は、アーティストの話をファンが聞くというものではなく、同じ課題を抱えるアーティストや制作者、舞台スタッフなどが対話する機会で、これからの文化芸術活動を建設的に当事者同士で考えていくものです。

第一回目は、舞台芸術分野で活躍するお二人をゲストに迎えます。ダンス、ミュージカルをご専門とし、いずれも実演家ですので、その話題を中心にお届けします。

2021年2月5日(金)18:30~20:00

【終了】YES講座 2月5日開催分「初心者向け アーティスト、フリーランスのための確定申告講座」

「アーティスト、フリーランスは、確定申告はした方が良いの?しない方が良いの?」。「アーティスト収入と、それ以外の収入があるのだが、自分のアーティストとしての収入はどう証明したら良いのだろう?」。「給付金もらったのは良いけど、これはどう確定申告したら良いのだろう?」。今回の新型コロナウイルスの給付金や助成金の申請などを機会として、あらためてご自身の活動にまつわるお金について、悩まれた方は多くいらっしゃったのではないでしょうか。この講座では確定申告にあわせて、アートやデザイン等の業に詳しい税理士がレクチャーします。申告をする際にしておくと良い準備、確定申告の種類や、申告しなかった場合に行政などにしておいたほうが良い手続きなど、アーティストやフリーランスが確定申告するときに押さえておくべきポイントをお話します。アーティストや、フリーランスの確定申告に関する初心者向けの講座です。

2021年2月4日(木)18:30~20:00

【終了】YES講座 2月4日開催分「横浜や全国の文化芸術活動に関する支援団体やそのサービスを知る講座」

横浜、全国には文化芸術や地域の活動、ビジネスに関する様々な相談窓口や、助成等の支援の仕組みがあります。この講座では、自分にあった支援を調べる方法や、助成制度を網羅的に検索できるサイトなどの情報を提供します。また、具体的にそれらの窓口ではどのようなサービスが受けられるか、今回の話し手は自らが相談窓口の運営や担当もしていますので、現場の実情をお話します。これをきっかけとして、様々なサービスを受けられるようにするのをゴールとした講座になります。

以下のような情報提供を行う予定です。

  • アーティストや芸術団体、ギャラリーやライブハウス経営者が利用できる窓口や情報サイトの紹介
  • 国内で使える助成制度に関する基本的な情報提供

上記について、特に横浜の情報を厚めに、国内の情報をお伝えします。後半は質疑応答のコーナーもあります。

COVID-19時代の成功体験成功体験を共有しよう

新型コロナウイルス感染症が拡大してから実践されたアーティストの経験や、YESの講座で共有された知見をレポートとして紹介します。

イメージ画像: COVID-19時代の成功体験