PHOTO by Hideo MORI

新型コロナウィルス感染拡大防止対策に伴う 横浜市内のアーティスト等、文化芸術活動緊急支援

横浜市文化芸術活動応援プログラム
申請方法

申請期間終了のため、受付を締め切りました。

多数のご応募をいただき誠にありがとうございます。
採択結果(交付・不交付決定通知書)は郵送で6月末から順次発送する予定です。
しばらくお待ちください。

申請~お受け取り~活動報告の流れ

1

申請書をダウンロード

2

入力(記入)した申請書に必要書類を添付し、申請先のメールアドレスに送信してください。

申請先のメールアドレス

apply.covid19@yaf.or.jp

  • *件名を「申請」、本文に氏名、電話番号、〒住所、Eメールアドレスを記載してください。
  • *必要書類 (1)の申請書はExcelまたはPDF、(2)~(5)はPDF、または画像でお願いします。
  • *メールの添付ファイルの容量は、2MB以下推奨、5MB程度可、上限10MBでお願いします。
  • *メールはできる限り添付ファイルを1通にまとめて送信してください。
  • *申請書の到着後、事務局から受信完了の旨をメールで返信します。返信がない場合は不着となり、受信が完了しておりません。送信後30分経っても事務局から返信メールが到着しない場合は、事務局へお電話(045-671-9581)でお問合せください。(ただし、電話受付は平日9時30分~17時。土日祝除く)

なお、募集要項に記載のとおり、申請受付期間中であっても、予定件数の900件程度に到達した場合には、受付を終了させていただきます。900件を超えて以降に受信した申請については、「申請扱い」とはなりません。受付終了後に受信した申請者の方に対しては、平日9時30分~17時(土日祝除く)に、その旨をメールにてご連絡させていただきます。

必要書類

  • 申請書(活動実績書、活動計画書、収支予算書、振込口座指定書、誓約書、提出書類チェックシートを兼ねています。)
  • 振込口座のわかる書類(通帳の写し等。振込口座は申請者本人のものに限ります。)
  • 法人の場合…定款の写し、前期決算書、役員名簿
  • 個人事業主の場合…本人確認書類(免許書やパスポートなど)の写し、2019年の確定申告書の控え
  • 活動にかかわるスタジオ等の利用料を対象経費として申請する場合には、利用料・賃借料がわかる書類(料金表など。賃借契約を締結している場合は、契約書の写しと住居でないことを証明できる書類の写し)
コロナ感染拡大防止の観点から、
直接来館による問い合わせや申請書の提出はお受けできません。

事務局で申請内容の確認

申請書や必要書類等に不備があった場合は申請完了とはなりません。メールでご連絡します。

申請完了

事務局から給付通知書または不給付通知書を発送

申請書のご住所に郵送します。

給付通知書発送後、数日内に
ご指定の口座に入金

活動実施

感染拡大が収束せず期限までに予定していた事業が実施できなかった場合でも、それまでの活動に要した支援金の返還は必要ありません。予定していた活動が変更となり対象経費が支援金を下回った場合には、当該差額を戻入いただきます。

3

事務局に活動報告

活動終了後30日以内に、活動結果報告書及び決算収支報告書等(様式別途通知)をデータで提出してください。
活動状況は、Web等で公表する予定です